W610Q75_99

お子様と一緒にケーキを作ったり、パフェを作ったりするお母様は、「スポンジケーキを自分で焼く」という方もおられるのはないでしょうか。

クリスマスやお誕生日会など、スポンジケーキを使って楽しく親子で、手作りスイーツを楽しむ方は多くいらっしゃるかと思います。

また最近では、スポンジケーキは自分で焼かなくても、スーパーなどで買うこともできるため、たいへん手軽にケーキの手作りを楽しむことができます。

そのように簡単に利用できるスポンジケーキ、ケーキなどに使って使い切れば良いのですが、余ることもあります。

例えば、「パフェを作って余った」という場合や「ティラミスに使って余った」という場合です。

余ったスポンジケーキはそのまま食べても良いですが、せっかくなのでこんなアレンジはいかがでしょうか。

今回は、余ったスポンジケーキのアレンジ方法についてご紹介しましょう。

まずご紹介するのは、スポンジケーキで作るフレンチトーストです。スポンジケーキを甘い卵液に浸し、フレンチトースト風にしてみましょう。

また、このレシピなら時間が経ってパサパサになってしまったスポンジケーキでも、おいしく食べることができます。

スポンジケーキは半月型の1/2を用意します。半分の1/4に切り分けて作業を進めましょう。

続いて卵液を用意します。卵を1個ボウルなどに割り入れ、よくかき混ぜて溶き卵にします。そこに、牛乳と砂糖を加えます。

牛乳はカップ1/2、砂糖は大さじ2から3くらい加えましょう。さらに、あればバニラエッセンスを1、2滴加えます。

卵液にスポンジケーキを浸します。ひっくり返しながら、よく卵液を染み込ませましょう。卵液が染み込んだら、フライパンで焼いていきます。

フライパンは熱しながらバターを1欠け入れて、フライパンを傾けながらバターを溶かします。バターは焦げ易いので注意してください。

バターが溶け切らないうちに、卵液に浸したスポンジケーキをフライパンに入れて焼き始めます。火加減は弱火にして、両面をこんがり焼き上げましょう。

お皿に移して完成です。スポンジケーキ自体が甘いので、このままでもおいしく食べられますが、お好みで練乳や粉砂糖、シロップなどをかけても良いでしょう。

その他、カリカリのラスクにアレンジするのも、おいしく食べられておすすめです。

ラスクにする場合は、まずはスポンジケーキを食べ易いサイズに切り分けます。切り分けたスポンジケーキはオーブンで焼いていきます。

オーブンの鉄板にクッキングシートなどを敷いて、その上に一口サイズに切り分けたスポンジケーキを並べます。

オーブンは、120℃に予熱して温めておきましょう。温まったら、スポンジケーキを並べた鉄板を入れて、まずは25分ほど焼きます。

25分焼いたらいったん出してみて、まだ湿気が残っているようなら裏返して、さらに15分から20分くらい焼きましょう。

カリカリのラスクの完成です。できあがりは大変熱いので、しばらく置いて冷ましてからいただきます。

砂糖が付いてなくても甘くておいしいので、グラニュー糖を付けて作る必要がなく、砂糖がパラパラこぼれないのが嬉しいですね。

スポンジケーキが余ってしまった時は、ぜひ簡単スイーツを試してみてくださいね。