W610Q75_98

お歳暮にハムをいただく、という方は多いかと思います。ハムは、そのまま食べてもおいしいですし、もちろん焼いてもおいしくいただけます。

また、とくにお正月におせちと一緒にハムが並ぶと、見た目にもとても食卓が映えますよね。

さて、そんなハムですが、みなさんはいただいたハムはどのように食べることが多いでしょうか?

ほとんどの方は「そのまま切って食べる」という方法や、「切って焼いて食べる」という場合が多いのではないでしょうか。

今回は、そのままや焼いて食べる以外の、おいしいお歳暮ハムの活用レシピをご紹介しましょう。

「いつもとひと味違ったハムを楽しんでみたい!」という時は、ぜひ試してみてください。

最初にご紹介するのは、ハムのゴロゴロカボチャサラダです。ハムとカボチャを和えてサラダにしてみましょう。

まずカボチャを1/4個ほど用意します。茹でてからつぶしてしまうと、もっさりしたサラダになってしまうので、あらかじめ切ってからレンジで柔らかくします。

2、3cm角に切り分けて耐熱皿に移し、レンジに5、6分ほど入れて柔らかくします。カボチャはたいへん硬いので、切り分ける際には十分注意してください。

カボチャが用意できたら、ハムを用意します。ハムは100gもあれば十分ですが、お好みで増やしても問題ありません。

ハムは1、2cm角に切って、フライパンで炒めます。全面にこんがりと焼き色が付いたらフライパンから引き上げましょう。

カボチャとハムを和えるだけでもおいしくいただけますが、お好みでキュウリなどを加えても良いですよ。

キュウリを加える場合は、1、2cm角に切って軽く塩を振って水気を搾りましょう。

カボチャとハムとキュウリを混ぜ合わせます。マヨネーズは大さじ2から3加えて、塩こしょうで味を整えましょう。

カボチャがぐちゃっと崩れないようにざっくり混ぜ合わせたら完成です。お皿に盛っていただきましょう。

コロコロしたハムやキュウリの食感が楽しいサラダになります。

その他、ハムにチーズをはさみ、フライにしてもおいしく食べられます。こちらのハムチーズフライにする場合は、断面の丸いハムがおすすめです。

ハムは1枚のハムに切り込みを入れて、その間にチーズをはさんでフライにします。1cmから1.5cmくらいの厚さにスライスします。

スライスできたら、切り込みを入れます。2枚に切り落とさないように注意しながら、7分目くらいまで切り込みを入れましょう。

切り込みができたら、スライスチーズをはさんでいきます。チーズは溶けるタイプでも溶けないタイプでも問題ありません。

はみでないように1枚を折るなどしてはさみましょう。はさめたら、衣を付けて揚げます。

衣は、小麦粉、卵、パン粉の順番で付けます。付いたら180℃くらいの油でカラッと揚げましょう。

中身に火を通す必要はないので、衣がキツネ色になれば完成です。油から引き上げてよく油きりをしましょう。

ハムの塩分がありますのでそのままでもおいしくいただけますが、お好みでソースやケチャップをつけてもおいしくいただけます。

お歳暮ハムが余っている場合は、ぜひ試してみてくださいね。