W610Q75_94

おつまみには欠かせない料理の一つと言えば、やはり「枝豆」が挙げられるかと思います。

塩ゆでするだけでおいしくできあがり、ビールなどとも相性抜群の枝豆は、「すぐ出てくるおつまみ」の代表とも言えます。

また、揚げ物や炒め物などとは違って油を使っていないので、夜中に食べてもとてもヘルシーで女性にもおすすめのメニューです。

さて、晩酌には必ず食卓に置いておきたい、この枝豆ですが時には「茹で過ぎて余った!」ということもあるのではないでしょうか。

茹でて時間が経った枝豆は、傷んでしまうこともありますしできれば翌日中には何とかしたいものですよね。

今回は、余った枝豆の活用アレンジレシピをご紹介しましょう。

まずは、枝豆でつくる「豆ご飯」をご紹介します。炊けたご飯に混ぜるだけなのでとても簡単ですし、お弁当にもおすすめですよ。

余った枝豆は、さやから実を取り出します。ご飯2合につき枝豆は、さやに入った状態でひとつかみ分から、お好みの量ほど用意しましょう。

さやから出した枝豆は、後で炊きあがったご飯に混ぜます。最初にお塩をご飯に加えます。お塩はご飯が2合の場合、小さじ2弱を加えます。

強く混ぜると枝豆がつぶれてぐちゃぐちゃになってしまうので、先にお塩を加えてよく混ぜたら、枝豆を加えてざっくりと大きく混ぜ合わせましょう。

混ざれば、枝豆の塩ご飯の完成です。そのまま食べても良いですし、塩気が最初からついているのでおにぎりにしてお弁当に入れるのもおすすめです。

その他の枝豆の活用方法には、卵焼きに混ぜるという使い方もあります。黄色い卵焼きに、黄緑色の実がよく映えますよ。

作り方は簡単です。まずは卵焼きの卵液を用意しましょう。卵は、3、4個用意してボウルなどに割入れます。

菜ばしなどでよくかき混ぜて溶き卵にしましょう。そこに、枝豆を加えます。枝豆はさやから取り出したものを加えましょう。

枝豆に塩気がついているので、卵への味付けはなくても良いですが、お好みでお塩をひとつまみ加えても良いでしょう。

卵液と枝豆、お塩をよく混ぜ合わせたら、卵焼き用の四角いフライパンを用意して、卵焼きにしていきます。

卵を巻く際に、枝豆が入っていると、卵液だけの時とは違ってゴロゴロしますが、卵液を少し厚めにすれば巻き易くなりますよ。

フライパンを熱して油を敷きます。余分な油は軽く拭き取りましょう。枝豆入りの卵液をフライパンに流し入れます。

穴をふさぎながら、フライパンの中を少しかき混ぜたら、表面が少し固まるまで待って奥から手前に巻いてきます。

手前まで巻けたら、巻いた卵焼きを奥へ移動させて再びフライパンに油を敷いて、卵液を流し入れます。

奥の卵焼きを菜ばしなどで少し浮かせて、卵焼きの下にも卵液を流し込みましょう。卵焼きがバラバラにほぐれるのをふせぐことができます。

フライパンに卵液が流し込めたら、再び穴をふさぎながら少しかき混ぜて、奥から手前に巻いてきます。

巻けたら、同じように卵焼きを奥に移動させて、油を敷き直します。残りの卵液をフライパンに流し入れます。

もう一度、奥から手前に巻けば完成です。もしも形が少し崩れてしまっても大丈夫です。

形が気になる時は、お皿にあけたら、熱いうちにキッチンペーパーなどで押さえて形を整えましょう。

枝豆が余った時は、おにぎりや卵焼きを楽しんでみてくださいね。