W610Q75_88

ほうとうといえば、かぼちゃの甘みと味噌の味が、平打ちのうどんによく絡み、とくに寒い時季には身体を温めてくれる嬉しいメニューですね。

お店に食べに行くと、一人分でも小さめの土鍋一つ分ほどの量があるほうとうですが、もちろん自宅で手作りしても、たくさんできてしまうことが多いですよね。

翌日にそのまま温め直してもうどんが伸びていたり、どろどろになってしまうほうとう…

「どうにかおいしく食べられないかしら?」と困った経験のある方もおられるのではないでしょうか。

今回は、余ったほうとうをガラッと洋風アレンジで、きれいに食べ切るレシピをご紹介しましょう。

まずは、残ったほうとうにチーズを加えて、「ほうとうグラタン」にしてみましょう。味噌とチーズが意外とよく合いますよ。

最初に、残ったほうとうは、鍋に入れたまま火にかけて温めます。そこにバター10gと牛乳を加えながら、おたまやしゃもじなどでよく混ぜ合わせます。

大きな具材が残っている場合は、混ぜながらほぐします。よく混ざり、とろみがついてきたら、火を止めましょう。グラタン用の耐熱皿を用意します。

焦げ付きを防ぐため、耐熱皿の内側にバターかマーガリンを塗りましょう。そこに、先ほどバターと牛乳を混ぜ合わせたほうとうを流し入れます。

その上に、溶けるチーズをたっぷり乗せましょう。乗せたら、トースターに入れてチーズに焦げ目がつくまでこんがりと焼き上げます。

焼き上がれば、ほうとうグラタンの完成です。チーズも中身も熱いので、火傷に注意していただきましょう。

なお、バターと牛乳を加える際には、牛乳を一気に加え過ぎるとシャバシャバになってしまいます。

ですので、様子を見ながら少しずつ加え、濃いめのとろみがついた状態に仕上げるのがポイントです。

その他、残ったほうとうにはカレーのルウを加えて、和風味噌カレーにしてもおいしいですよ。ほうとうだった鍋をカレーにすると、普通に作ったカレーよりも甘みが増します。

かぼちゃの甘みでお子様でも食べ易い、甘口カレーになる他、味噌のだしがきいているので和風のほっこりしたカレーにしあがります。

ですので、カレーうどんなどにし てもおいしくいただけますよ。

さて、作り方は簡単です。残ったほうとうは、水分が少ない場合は牛乳か豆乳を足して、水分を補います。

また、具材が残り少ない場合は、豚肉の薄切りや、細く刻んだ油揚げ、千切りのニンジンなどを足しても良いでしょう。

残りのほうとうと牛乳や足した具材などを温めながら、かき混ぜたら、そこにカレールウを加えます。

カレールウは、ほうとうの残りの量によって調整しながら加えてください。

ほうとう自体少しとろみがあるので、普通にカレーを作るよりも少ない量のルウで、カレーにできるかと思います。

とろみがつくまで少し火にかければ完成です。ご飯にかけたり、温かいうどんにかけたりしていただきましょう。

ほうとうが余った時は、ぜひ試してみてくださいね。