昨日のカレーも大変身!残り物で簡単リメイクアイデア料理

W610Q75_82

お正月に、お餅と一緒に食べたくなるものの一つに、「おしるこ」や「ぜんざい」があります。

フリーズドライやレトルト品で手軽に市販のものも手に入りますが、「お正月に年に1回のタイミングで手作りする」という方もおられるのではないでしょうか。

ちなみに、ぜんざいとおしるこの違いは、粒がある方がぜんざい、粒のないサラサラしたものの方がおしることする場合が多いようです。

今回は、余ったぜんざいのアレンジレシピについてご紹介しましょう。どれも簡単に作れる和風スイーツですよ。

まずは、ぜんざいとホットケーキミックスを混ぜて、あずき蒸しパンにしてみましょう。あずきの素朴な甘味が、お茶とよく合います。

ホットケーキミックス1袋(100gから150g)に対して、ぜんざいはお椀1杯分(180ccから200cc)くらいを用意しましょう。

ホットケーキミックスとぜんざいをよく混ぜ合わせます。そしてカップケーキ型を用意しましょう。

型は、お弁当用のアルミ製のカップや、繰り返し使えるシリコンのカップ、ココット型など、蒸し器に入れて溶けないものを用意します。

型に、先ほど混ぜ合わせた生地を流し入れます。流し入れたら蒸し器に並べ、強火で15分くらい蒸します。

蒸し上がったものに竹串などを刺してみて、生の生地が着いてこなければ完成です。冷えないうちにいただきましょう。

蒸し器の方がふんわり仕上がりますが、「蒸し器が無い」または「蒸し器を出すのが面倒だ」という場合はレンジでもできます。

レンジを使う場合は、生地の水分をちょっと少なめにしましょう。

500Wのレンジで4分くらい加熱します。小さい型を使う場合は、型から溢れ出ないように注意しましょう。

次に市販のパイシートを使って、あずきパイを作ってみましょう。

あんこ入りのパイと言えば、有名な土産菓子店でも見かける和風洋菓子であり、そのおいしさはお墨付きです。

パイシートは2枚用意します。使い易いように解凍しておきましょう。パイに入れるぜんざいは、汁気が多い場合は一旦鍋で煮詰め、汁気を飛ばします。

ポテトサラダくらいの、流れ落ちない程度の硬さになればOKです。

次に、パイシートにまんべんなくフォークなどで穴を開けます。そして、汁気を飛ばしたぜんざいを1枚のパイシートの上に伸ばしましょう。

この時、後でもう1枚のパイシートで閉じることを考え、縁から2cmくらいはぜんざいを乗せないように注意しましょう。

ぜんざいの上に、お好みで、砕いたクルミや、1cm角くらいに刻んだバターをまき散らします。

その他、お鍋用の薄くスライスされた餅などをトッピングするのもおすすめです。

トッピングが終わったら、もう1枚のパイシートを、きれいに2枚を重ねるように被せて、縁をフォークの先で押しつぶして閉じましょう。

表面に卵黄を塗ると、仕上がりにツヤが出てきれいな見た目になります。オーブンは200℃に温めましょう。

温めたオーブンで25分くらい焼けば完成です。食べ易く切っていただきましょう。

最後に、パンケーキミックスにぜんざいを混ぜて、あずきホットケーキにしてみましょう。

ぜんざいに使った白玉があれば、一緒に混ぜて焼くとモチモチ食感を楽しめますよ。

ぜんざいが余った時は、これらの和風スイーツをぜひ試してみてくださいね。

W610Q75_81

「ナムル」と言えば、モヤシやほうれん草など色々な野菜で楽しめて、ビビンパや冷麺に乗せる具材にもなります。

そのまま食べても、箸休めやおつまみにもなりますし、とくに焼肉を食べる際や韓国料理には欠かせない副菜ですね。

スーパーなどでも手軽に手に入りますが、中華調味料とごま油で簡単に作れることから、自分で手作りする方も多いのではないでしょうか。

今回は、買って来たものでも手作りしたものでも、冷蔵庫にナムルが余っていれば簡単にできる「ナムルのアレンジレシピ」をご紹介しましょう。

まずはナムルを主食にアレンジする、ナムルチャーハンと、次にナムルチヂミのご紹介です。

残っているナムルは、長さの長いものは2、3cmくらいの食べ易い長さに刻みます。

チャーハンにするご飯を用意します。二人分ならどんぶりに軽く2杯くらいあると良いでしょう。

このご飯が冷えている場合は、レンジなどで温めましょう。ご飯が団子状に固まるのを防ぐことができます。

ナムルとご飯だけでもおいしく作れますが、お好みで他の具材を用意しても良いでしょう。卵やハム、刻みネギなどがおすすめです。

フライパンを熱してごま油を敷きます。卵は二人分なら2、3個用意しましょう。

フライパンに、溶き卵、温めたご飯、刻んだナムルを入れて、一旦大きくかき混ぜます。混ぜたら、鶏ガラスープの素としょう油、塩こしょうで味を整えます。

ナムルにシャキシャキした食感を残したい場合は、あまり炒めすぎないように、仕上がりの直前にフライパンに加えましょう。

味を見て、薄い場合はさらに塩こしょうを加えましょう。お皿に盛って完成です。なお、肉類の具材はハムの他、挽肉を使ってもおいしいですよ。

次にナムルチヂミを作ってみましょう。まずは、豚バラ肉の薄切りを用意します。二人分だと50gから100gもあれば十分です。

2、3cm幅に切ってよく炒めたら、いったんボウルなどにあけます。そこに余っているナムル、小麦粉50gと片栗粉25gを加えます。

一度粉の状態で混ぜ合わせたら、卵1個を割入れ、お水を大さじ3、鶏ガラスープの素を小さじ1加えてよく混ぜ合わせましょう。

これでチヂミの生地は完成です。なお、このレシピのナムルはひとつかみ分ほどの分量なので、ナムルの量によっては粉やお水の量を調整しましょう。

ベチャッとなりすぎないくらいの生地の硬さがおすすめです。フライパンにごま油を敷いて熱し、生地を流し入れましょう。

片面が焼けたらひっくり返し、両面をこんがりと焼き上げます。焼き上がったら、お皿に盛っていただきましょう。

お好みで、ポン酢やラー油などをつけていただいても良いでしょう。

最後にナムルをおかずにする肉巻きナムルをご紹介します。胸肉は、めん棒などで叩いて伸ばします。

巻き易いように、10cm×20cmmくらいの大きさまで伸ばしましょう。できたら、ナムルを巻きます。

端からキュッと押さえながら巻き、巻けたら表面に片栗粉をまぶします。フライパンを熱して油を敷きましょう。

先ほど巻いたものを、巻き終わりを下にしてフライパンに並べます。肉の表面が焼き固まるまで、少しおいておきましょう。

巻き終わりが固まったら、転がしながらまんべんなく表面を焼きます。表面が焼けたら、酒を加えて蒸し焼きにした後、しょう油、だし、みりんを加えて味を整えます。

フライパンから上げて、半分に切って盛りつけましょう。見た目もきれいな一皿に仕上がります。

ナムルが余った時はぜひ試してみてくださいね。

W610Q75_80

ドライフルーツは、お菓子の材料に使った後などに、ちょっとだけ余ることってありませんか?

そのまま食べても良いのですが、せっかくなら、おいしく何かにアレンジして食べれれば、幸せですよね。

今回は、ちょっと余ってしまった、ドライフルーツのアレンジ方法について、ご紹介していきましょう。

まずは、クリームチーズと合わせて、お酒とも合うクリームチーズフルーツのおやつにしてみましょう。

こちらはドライフルーツだけでも良いですが、あれば、アーモンドやカシューナッツ、マカデミアナッツなどのナッツ類も一緒に使うと、よりおいしいですよ。

それでは最初に、ナッツ類をすり鉢などに入れるか、ジップロックなどの袋に入れて、すりこぎなどで叩いて粗く砕きます。

そこに、ドライフルーツも加えて、混ぜ合わせましょう。レーズンなどの粒が小さいものは、そのまま加えていただいて、問題ありません。

マンゴーやアプリコット、プルーンなど実が少し大きいものは、2、3cm角くらいにちぎるか、包丁でカットしてから、加えましょう。

そこに、クリームチーズを加えて、ザックリとよく混ぜ合わせます。

「クリームチーズが硬くて混ぜにくい」と、いう場合は、クリームチーズをあらかじめ冷蔵庫から出して、常温に戻しておけば、柔らかくなり混ぜ易いですよ。

ナッツとドライフルーツと、クリームチーズが混ざったら、ラップの上に1cmから2cmくらいの厚みに拡げましょう。

そのまま、ていねいにラップで包んで、冷蔵庫で約30分くらい冷やし固めます。ある程度固まったら、冷蔵庫から取り出します。

お好みで、1cmから2cmくらいの幅で5cmくらいの長さのスティック状に切り分けましょう。クリームチーズのナッツフルーツスティックの完成です。

お酒にも合いますが、その他にもクラッカーの上に乗せたり、ベーグルパンに挟んだりまたは塗ったりして食べるのも、おすすめですよ。

その他、ドライフルーツはヨーグルトに混ぜてもおいしくいただけます。

ヨーグルトに混ぜたドライフルーツは、おやつの他に、朝ご飯にもとてもおすすめです。

ヨーグルトは、無糖のプレーンのものを使って作りましょう。ドライフルーツは、クランベリーなどの小さいものはそのまま使います。

マンゴーなどの大きいものは、1、2cm角に刻みましょう。ボウルやお皿などに、刻んだドライフルーツを入れます。

そこに、無糖のプレーンヨーグルトを入れましょう。ザックリと混ぜ合わせれば、完成です。

味を見てみて、「甘みが足りないなー」という場合は、お好みで蜂蜜や、ジャムなどの糖分を加えてみましょう。

また、こちらのヨーグルトドライフルーツは、本格的に朝ご飯として、お好みのシリアルにかけて食べても、とってもおいしいですよ。

ヨーグルトとドライフルーツで、健康的な朝を迎えられそうですね。また、とても簡単にできるので、時間の無い朝にも助かるメニューとなっています。

ドライフルーツが余った時は、ぜひ試してみてくださいね。

このページのトップヘ