昨日のカレーも大変身!残り物で簡単リメイクアイデア料理

W610Q75_97

温野菜サラダは、根菜などの野菜を蒸すだけで手軽に作れる、身体も温まるサラダですね。

最近では蒸し器を使わなくてもシリコン製の便利な蒸し容器が出回っており、とても簡単に作ることが可能になりました。

炒めたり揚げたりしないためヘルシーで身体に優しく、とくに女性には人気のメニューとなっています。

しかし、そんな温野菜サラダも冷えてしまうとただの茹でたような野菜になり、おいしさも半減してしまうものです。

残って冷えてしまった温野菜サラダを見て「何かに活用できないかしら?」と悩んだ経験がある方もおられるのではないでしょうか。

今回は、そんな温野菜サラダをおいしくアレンジするアレンジレシピをご紹介しましょう。

まずは、温野菜サラダを使ったゴロゴロ野菜の時短スープをご紹介します。

ゴロゴロ野菜のスープを1から作ろうとすると、火が通るのに時間がかかってしまい、圧力鍋などでもなければ作るのがタイヘンです。

ですが温野菜があれば、野菜に既に火が通っているので、すぐに野菜たっぷりのおいしいスープを作ることができます。

まず、残った温野菜は鍋に移します。そこに、トマトのカット缶かホール缶とコンソメを加えます。火にかけて温めましょう。

温野菜が温まったら、塩こしょうで味を整えます。あっという間にゴロゴロ温野菜サラダの時短スープの完成です。

お皿に盛っていただきましょう。ほくほくの野菜が身体を温めてくれますよ。

その他、チーズフォンデュの具材にするのもおすすめです。「チーズフォンデュってチーズソースを準備するのが大変なんじゃない?」と心配する方もおられるでしょう。

ですが、チーズフォンデュソースは、カマンベールチーズがあればとても手軽に作ることができますので、ぜひ試してみてください。

まず、温野菜の残りは、冷蔵庫で冷やしている場合は冷蔵庫から出して常温に戻しましょう。

温野菜の残り以外にも、チーズフォンデュにしたいものを用意しましょう。例えば、フランスパンやプチトマト、ちくわに唐揚げなどもおすすめです。

フランスパンは、一口サイズに切り分けて、軽くトーストします。プチトマトは軽く洗って水気を拭き取り、ヘタを外しましょう。

ちくわも一口サイズに切ると食べ易くなります。具材が用意できたら、チーズソースの準備します。チーズソースにはカマンベールチーズを利用します。

カマンベールチーズは、丸ごと1個、ホールで使用します。箱から出したら、上を直径5cmくらいの大きさに丸く切り抜きましょう。

このままチーズソースの器として使うので、底や側面が破れないように気をつけて作業を進めましょう。

上を切り抜いたカマンベールチーズは、耐熱皿に乗せてレンジに入れます。ラップはかけないで、1分くらいレンジにかけましょう。

レンジの熱でチーズがとろければ完成です。お好みで粗挽きコショウなどをふりかけて、温野菜やフランスパンなどを付けながらいただきましょう。

もしも、チーズの粘度が高く野菜などが付けづらい場合は、牛乳を温めたものを用意し、それをスプーンで少しずつ加えながらチーズを伸ばしましょう。

なお、チーズが固まってきたら再びレンジに入れることで、溶かすことができますよ。

温野菜サラダが余っている時は、ぜひ試してみてくださいね。

W610Q75_96

炭のにおいが香ばしい「カツオのたたき」はポン酢などでサッパリと食べられる、お刺身とはひと味違ったメニューですね。

スライスしたタマネギや、レタスなどと一緒に食べれば海鮮サラダのようになり、野菜も一緒に食べられて健康的です。

そんなカツオのたたきですが、どちらかというと副菜のような存在で、余ってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は、余ってしまったカツオのたたきを翌日においしく食べるアレンジレシピと、メインのおかずにできるアレンジレシピをご紹介しましょう。

まずは、残ったカツオのたたきを翌日においしく食べるアレンジレシピをご紹介します。こちらはカツオのたたきをお茶漬けにするアレンジです。

二人分で用意していきます。まずは、カツオのたたきを8切れから10切れくらい用意しましょう。

このカツオのたたきは、前日のポン酢などのタレに浸かっている場合はそのまま使用します。

タレなどが何も付いていない場合は、カツオのたたきのタレなどに漬け込みます。タレにはおろしショウガを溶きましょう。

おろしショウガは、2、3cm分を溶きます。その間にご飯を用意します。お茶漬けにするのにちょうど良い小ぶりな丼を用意して、ご飯をよそいましょう。

ご飯が水分を含んで膨らむので、軽めによそうのがおすすめです。ご飯がよそえたら、その上にカツオのたたきを乗せます。

放射状に並べると、見た目にもきれいにしあがりますよ。その上に、カツオのたたきが浸かっていたポン酢などのタレもすべてかけましょう。

かけたら、上から熱湯を注ぎます。仕上げに小口切りにした青ネギを散らしましょう。カツオのたたき茶漬けの完成です。

次に、カツオのたたきをメインのおかずにするアレンジレシピをご紹介します。こちらでは、カツオのたたきを南蛮漬けにしていきます。

普通南蛮漬けは、小さなアジなどで作りますので「小骨が気になって小さい子供には食べさせられない」ということもありますね。

ですが、カツオのたたきで南蛮漬けを作ることで、骨などが入ることがほぼありませんので安心して食べさせることができます。

さて、残ったカツオのたたきは、前日のタレなどに浸かっている場合はそのまま使用します。

タレなどが何も付いていない場合は、ポン酢やカツオのたたきのタレなどに漬け込みます。5分から10分も漬ければ十分でしょう。

タレに漬けたカツオのたたきに、片栗粉を付けてフライパンで焼いていきます。フライパンは熱して、油は薄めに敷いて両面をこんがりと焼き上げましょう。

焼けたら、熱いうちに甘酢に漬け込みます。甘酢は、お酢と砂糖、だしの素などで作ることができますが手軽に作りたい場合はすし酢でも応用できます。

お酢と砂糖などで甘酢を作る場合は、バットや深めの保存容器などに、水を1カップ入れてだしの素(5gのもの)を一袋加えます。

そこに、お酢を100ccとお砂糖を大さじ5ほど加えてよく混ぜましょう。

この甘酢の中に、先ほど焼いたカツオのたたきとスライスしたタマネギを一緒に加えます。このまましばらく冷蔵庫で寝かせましょう。

カツオの身に甘酢が馴染めば完成です。レタスなどを敷いたお皿の上に焼いたカツオのたたきをタマネギと一緒に並べます。

そのままでもおいしく食べられますが、お好みでタルタルソースなどを添えてチキン南蛮のように食べるのもおすすめですよ。

カツオのたたきが余った時は、ぜひ試してみてくださいね。


W610Q75_95

寒い時季やお正月には、カニ鍋やボイルしたカニを家族や友人と楽しむ、という方は多いのではないでしょうか。

鮮やかな赤がお祝いムードを盛り上げてくれますし、見た目にも温まりますよね。何よりおいしいのがカニの魅力です。

そんなカニですが、唯一の難点と言えばやはり身を剥くのに時間がかかることです。

「剥く時間も好き」という方もおられますが「さすがに細い爪の先を剥くのは面倒」という方は多いことでしょう。

そんな時、残ったカニの身を「捨てるのはもったいないけどほとんど殻だし…」と困ってしまうことも多々ありますよね。

今回は、そのような爪の先に残ってしまったカニの身や、前の日に残ったカニをおいしくアレンジする方法をご紹介しましょう。

まずは、カニの殻ごとお味噌汁にする「カニ殻お味噌汁」をご紹介します。カニのだしがお味噌汁によく出て、最後までおいしく食べることができますよ。

お味噌汁の具は、カニのだしを楽しみたい、という方はカニだけで作るのがおすすめです。

具だくさんのお味噌汁が好き、という場合は、ニンジンや油揚げ、大根、お豆腐などを入れても良いでしょう。

カニ以外の具を入れる方は、具の用意をします。ニンジンや大根は豚汁に入れるような形の扇形に切ります。

厚さは薄く切った方がカニの邪魔にならずに良いでしょう。油揚げは、細切りにして長さを2、3cmくらいに切ります。

お豆腐は、絹でも木綿でもかまいません。さいの目切りにしましょう。具の準備ができたら、お味噌汁にしていきます。

カニは、身をとった後の殻や、爪の先にまだ身が残っているものなどの脚を5、6本分を用意します。

鍋にカニを入れて、殻が7分目くらいまで浸かるほどの水を入れます。同時にカニ以外のニンジンや大根、油揚げも鍋に加えましょう。

鍋を火にかけます。沸騰させながらあくをとります。だいたいあくがとれたら、料理酒を加えます。分量は大さじ2くらいで良いでしょう。

ニンジンや大根などの野菜に火が通ったか確認します。ここで塩を加えましょう。塩は、小さじ1くらいを加えます。

さいの目切りにした豆腐を加えます。最後にお味噌を加えましょう。お味噌は大さじ1から2くらいを加えます。

カニから塩分が出ている場合もありますので、味を見ながらお味噌を加えます。

カニのだしの出具合によっては、少ないお味噌で十分おいしく食べられることもあります。

お味噌が溶けたら火を止めて完成です。汁茶碗に盛っていただきましょう。見た目にも贅沢なカニのお味噌汁のできあがりです。

次に、カニの殻ごと炊き込みご飯にする方法があります。こちらは、カニの身が殻内にかなり残っている場合におすすめのアレンジです。

お米は2合の分量で作っていきます。まずお米を研いで、お米の分量に合ったお水を入れ炊飯器にセットします。ここに、カニと調味料を加えます。

カニは脚6本から8本分くらいを使用します。カニの身が残っている場合は出せるだけ出しておきます。

お米の上に、カニの身を出した殻と昆布を1枚を置きます。さらに、酒と塩、しょう油を加えましょう。

酒は大さじ2、塩は小さじ1、しょう油を小さじ1ほど加えます。軽く調味料とお米を混ぜ合わせたら、炊飯のボタンを押します。

炊きあがったら、殻と昆布を取り除いて大きくかき混ぜます。先にほぐしておいたカニの身を炊飯器の中に戻します。

さっくり混ぜたらお茶椀に盛っていただきましょう。カニが余った時は、ぜひ試してみてくださいね。

このページのトップヘ