昨日のカレーも大変身!残り物で簡単リメイクアイデア料理

W610Q75_100

梅干しは、日本人には馴染みのある食卓に欠かせないお漬け物ですね。その味には、梅干しによってはたいへん酸っぱいものから甘いものまで様々です。

そのため、「おいしそうだから買ってみたけど、すごく酸っぱくてなかなか食べ切れない!」ということもありますよね。

また、「自分で漬けたけど、お塩の分量が多過ぎたかも…酸っぱくなっちゃった。どうしよう」という方もおられるかと思います。

そのような、「酸っぱ過ぎる、どうしよう!」という状態の梅干し、できればおいしく食べ切りたいですよね。

今回は酸っぱ過ぎる梅干しをアレンジしておいしく食べ切る、梅干しのアレンジレシピをご紹介しましょう。

最初にご紹介するのは、梅干しの砂糖漬けです。酸っぱく漬かっている梅干しでも、塩抜きをして砂糖に漬ければ甘く、食べ易くなりますよ。

まず、酸っぱい梅干しの塩抜きをします。水を2リットル用意してその中に酸っぱい梅干しを浸します。さらに、水の中にはお塩を小さじ1ほど加えましょう。

そのまま12時間ほど放置します。12時間経ったら、水を取り替えます。再び塩を小さじ1加えましょう。

再び、そのまま12時間放置します。これで塩抜きは完了です。よく梅干しの水気を切りましょう。

煮沸消毒するか、よく洗って乾かした、ビンなどの密閉容器を用意します。また、氷砂糖を一袋用意しましょう。

氷砂糖と梅干しを、交互に重なるようにビンに詰めていきます。詰められたら、氷砂糖が自然に溶けるまで冷蔵庫で寝かせておきましょう。

氷砂糖が溶けて、梅干しが甘く漬かれば完成です。そのまま食べても良いですし、ソーダなどで割ってもおいしくいただけますよ。

その他、ごま油とおだしと一緒に、梅干しを炊き込みご飯にするのもおすすめです。

ご飯1合につき梅干しは1個使用するので、一気に大量に使うことはできませんが、おいしく食べることはできます。

炊き方は簡単です。まずお米を研いで、お米に合った分量のお水を入れて炊飯器にセットします。

そこに、梅干しを加えます。梅干しは、お米1合につき1個加えます。そし て、だしの素を加えます。お米1合につき5gのものを一袋加えましょう。

だしの素が無ければ、昆布や塩昆布などでも代用できます。昆布なら、10cmくらいのものを表面を軽く拭いてから炊飯器に加えましょう。

塩昆布は10gくらいを炊飯器に加えます。そして、ごま油を加えます。ごま油は、1合から2合のお米につき、大さじ1を加えましょう。

軽く炊飯器の中をかき混ぜたら、炊飯のボタンを押します。炊き込みモードなどがある場合は、炊き込みモードで炊飯を開始しましょう。

炊きあがれば完成です。10cmの昆布を入れて炊いた場合は、昆布を取り出します。その他の具材で炊いた場合は、大きくかき混ぜましょう。

なお梅干しの種については、お客様にお出しする場合や、小さいお子様が食べる場合は、ご飯をかき混ぜる前に梅の実を割って炊飯器から取り出しましょう。

ごま油とおだしが香る梅干し炊き込みご飯の完成です。お茶碗に盛っていただきましょう。

酸っぱ過ぎる梅干しが余っている場合は、ぜひ砂糖漬けや炊き込みご飯を試してみてくださいね。

W610Q75_99

お子様と一緒にケーキを作ったり、パフェを作ったりするお母様は、「スポンジケーキを自分で焼く」という方もおられるのはないでしょうか。

クリスマスやお誕生日会など、スポンジケーキを使って楽しく親子で、手作りスイーツを楽しむ方は多くいらっしゃるかと思います。

また最近では、スポンジケーキは自分で焼かなくても、スーパーなどで買うこともできるため、たいへん手軽にケーキの手作りを楽しむことができます。

そのように簡単に利用できるスポンジケーキ、ケーキなどに使って使い切れば良いのですが、余ることもあります。

例えば、「パフェを作って余った」という場合や「ティラミスに使って余った」という場合です。

余ったスポンジケーキはそのまま食べても良いですが、せっかくなのでこんなアレンジはいかがでしょうか。

今回は、余ったスポンジケーキのアレンジ方法についてご紹介しましょう。

まずご紹介するのは、スポンジケーキで作るフレンチトーストです。スポンジケーキを甘い卵液に浸し、フレンチトースト風にしてみましょう。

また、このレシピなら時間が経ってパサパサになってしまったスポンジケーキでも、おいしく食べることができます。

スポンジケーキは半月型の1/2を用意します。半分の1/4に切り分けて作業を進めましょう。

続いて卵液を用意します。卵を1個ボウルなどに割り入れ、よくかき混ぜて溶き卵にします。そこに、牛乳と砂糖を加えます。

牛乳はカップ1/2、砂糖は大さじ2から3くらい加えましょう。さらに、あればバニラエッセンスを1、2滴加えます。

卵液にスポンジケーキを浸します。ひっくり返しながら、よく卵液を染み込ませましょう。卵液が染み込んだら、フライパンで焼いていきます。

フライパンは熱しながらバターを1欠け入れて、フライパンを傾けながらバターを溶かします。バターは焦げ易いので注意してください。

バターが溶け切らないうちに、卵液に浸したスポンジケーキをフライパンに入れて焼き始めます。火加減は弱火にして、両面をこんがり焼き上げましょう。

お皿に移して完成です。スポンジケーキ自体が甘いので、このままでもおいしく食べられますが、お好みで練乳や粉砂糖、シロップなどをかけても良いでしょう。

その他、カリカリのラスクにアレンジするのも、おいしく食べられておすすめです。

ラスクにする場合は、まずはスポンジケーキを食べ易いサイズに切り分けます。切り分けたスポンジケーキはオーブンで焼いていきます。

オーブンの鉄板にクッキングシートなどを敷いて、その上に一口サイズに切り分けたスポンジケーキを並べます。

オーブンは、120℃に予熱して温めておきましょう。温まったら、スポンジケーキを並べた鉄板を入れて、まずは25分ほど焼きます。

25分焼いたらいったん出してみて、まだ湿気が残っているようなら裏返して、さらに15分から20分くらい焼きましょう。

カリカリのラスクの完成です。できあがりは大変熱いので、しばらく置いて冷ましてからいただきます。

砂糖が付いてなくても甘くておいしいので、グラニュー糖を付けて作る必要がなく、砂糖がパラパラこぼれないのが嬉しいですね。

スポンジケーキが余ってしまった時は、ぜひ簡単スイーツを試してみてくださいね。

W610Q75_98

お歳暮にハムをいただく、という方は多いかと思います。ハムは、そのまま食べてもおいしいですし、もちろん焼いてもおいしくいただけます。

また、とくにお正月におせちと一緒にハムが並ぶと、見た目にもとても食卓が映えますよね。

さて、そんなハムですが、みなさんはいただいたハムはどのように食べることが多いでしょうか?

ほとんどの方は「そのまま切って食べる」という方法や、「切って焼いて食べる」という場合が多いのではないでしょうか。

今回は、そのままや焼いて食べる以外の、おいしいお歳暮ハムの活用レシピをご紹介しましょう。

「いつもとひと味違ったハムを楽しんでみたい!」という時は、ぜひ試してみてください。

最初にご紹介するのは、ハムのゴロゴロカボチャサラダです。ハムとカボチャを和えてサラダにしてみましょう。

まずカボチャを1/4個ほど用意します。茹でてからつぶしてしまうと、もっさりしたサラダになってしまうので、あらかじめ切ってからレンジで柔らかくします。

2、3cm角に切り分けて耐熱皿に移し、レンジに5、6分ほど入れて柔らかくします。カボチャはたいへん硬いので、切り分ける際には十分注意してください。

カボチャが用意できたら、ハムを用意します。ハムは100gもあれば十分ですが、お好みで増やしても問題ありません。

ハムは1、2cm角に切って、フライパンで炒めます。全面にこんがりと焼き色が付いたらフライパンから引き上げましょう。

カボチャとハムを和えるだけでもおいしくいただけますが、お好みでキュウリなどを加えても良いですよ。

キュウリを加える場合は、1、2cm角に切って軽く塩を振って水気を搾りましょう。

カボチャとハムとキュウリを混ぜ合わせます。マヨネーズは大さじ2から3加えて、塩こしょうで味を整えましょう。

カボチャがぐちゃっと崩れないようにざっくり混ぜ合わせたら完成です。お皿に盛っていただきましょう。

コロコロしたハムやキュウリの食感が楽しいサラダになります。

その他、ハムにチーズをはさみ、フライにしてもおいしく食べられます。こちらのハムチーズフライにする場合は、断面の丸いハムがおすすめです。

ハムは1枚のハムに切り込みを入れて、その間にチーズをはさんでフライにします。1cmから1.5cmくらいの厚さにスライスします。

スライスできたら、切り込みを入れます。2枚に切り落とさないように注意しながら、7分目くらいまで切り込みを入れましょう。

切り込みができたら、スライスチーズをはさんでいきます。チーズは溶けるタイプでも溶けないタイプでも問題ありません。

はみでないように1枚を折るなどしてはさみましょう。はさめたら、衣を付けて揚げます。

衣は、小麦粉、卵、パン粉の順番で付けます。付いたら180℃くらいの油でカラッと揚げましょう。

中身に火を通す必要はないので、衣がキツネ色になれば完成です。油から引き上げてよく油きりをしましょう。

ハムの塩分がありますのでそのままでもおいしくいただけますが、お好みでソースやケチャップをつけてもおいしくいただけます。

お歳暮ハムが余っている場合は、ぜひ試してみてくださいね。

このページのトップヘ